会社紹介動画①


動画制作会社に制作依頼を発注する上で多い依頼が、会社の紹介動画です。別名、企業PR動画などとも呼びますが、この会社紹介動画を作る上で大切なことがありますので、今回はみなさんに会社紹介動画を制作する上でのポイントをご紹介させていただきます。

まず、基本的に会社紹介動画を作る工程をご紹介します。まずはどんな会社紹介動画にするのか?という制作企画はその動画の軸となりますので、ここには時間をかけた方が良いと言えます。制作会社側の立場でいうと、この部分はクライアントの要望をこと細かく聞きだしておくことが大事であり、この部分が曖昧だと最終的に納得のいく会社紹介動画になりませんので、クライアント側もどのような動画にしたいのか、というポイントを予め箇条書きなどで挙げたり、実際に作りたい動画に近い動画のサンプリングがあったりすれば、その動画を見せた方が制作側も言葉で伝えられるより、イメージがわきますのでそちらの方が良いと言えます。

そして、企画が決まったら具体的な要望やアイデアを具体的にピックアップして、撮影という流れになります。撮影は個人で制作するのと製作会社に依頼するとでは違いが出てくるポイントで、映像制作分野に特化したスタッフがいることで、その動画を撮影する上で最適な機材を使用して撮影していきますので、個人製作とでは完成度で違いが出てくるのです。

撮影が終わりましたら最後は編集です。ここは個人製作ではなかなか難しい部分で、例えば動画にコンピューター技術を用いてグラフィックを追加したり、オリジナルの動画より更に視覚的に企業PRができるように高い映像を用いたり、この部分は動画制作会社にしかできない強みと言えるでしょう。このような流れがあり、最終的に会社紹介動画が完成するという流れになりますが、この他にも細かい点を挙げればポイントはいくつもありますが、納得がいく動画を制作したいのであれば、自分達のイメージがいかに固まっているのかが一番大事ですので、そのイメージを伝えられるように事前に社内で話し合いなどを行い、イメージを固めておきましょう。