会社紹介動画②

動画制作会社に自社の会社紹介動画を依頼する際に一番やってはいけないことは何かみなさんご存知でしょうか。この会社紹介動画の依頼に限ったことではないかもしれませんが、発注業者に全て丸投げをしてしまうことは絶対にNGです。動画制作会社は動画を制作するプロフェッショナル集団ですが、クライアントの協力なしでは、たとえ高い技術力や設備が整っていたとしても、完璧な会社紹介動画を作ることは不可能です。

それでは、クライアント側は何をどうすれば動画制作会社に協力すると言えるのでしょうか?クライアント側が自社の紹介動画を作る理由として挙げられるのは、自社の商品やサービスなどをまだ自社を知らない人達にPRをして、その商品などを購入してもらうところにあります。動画制作会社には、どういった紹介動画にしたいのか?ということはもちろんのこと、ターゲットは誰なのか、自社の特徴や魅力は何なのか、など自社が求めているユーザーや自社のことをこと細かく伝える必要があります

この情報を少しでも多く伝えることで、動画制作会社はその会社が求めている動画イメージが把握でき、完璧な紹介動画完成へと近づくのです。このような点からクライアント側は動画制作会社に協力的でなければなりません。その他にも紹介動画では社員のコメントなどを吹き込むことも多く、そういった点も含めてバックアップしてあげることは大切です。

会社紹介動画①

動画制作会社に制作依頼を発注する上で多い依頼が、会社の紹介動画です。別名、企業PR動画などとも呼びますが、この会社紹介動画を作る上で大切なことがありますので、今回はみなさんに会社紹介動画を制作する上でのポイントをご紹介させていただきます。

まず、基本的に会社紹介動画を作る工程をご紹介します。まずはどんな会社紹介動画にするのか?という制作企画はその動画の軸となりますので、ここには時間をかけた方が良いと言えます。制作会社側の立場でいうと、この部分はクライアントの要望をこと細かく聞きだしておくことが大事であり、この部分が曖昧だと最終的に納得のいく会社紹介動画になりませんので、クライアント側もどのような動画にしたいのか、というポイントを予め箇条書きなどで挙げたり、実際に作りたい動画に近い動画のサンプリングがあったりすれば、その動画を見せた方が制作側も言葉で伝えられるより、イメージがわきますのでそちらの方が良いと言えます。

そして、企画が決まったら具体的な要望やアイデアを具体的にピックアップして、撮影という流れになります。撮影は個人で制作するのと製作会社に依頼するとでは違いが出てくるポイントで、映像制作分野に特化したスタッフがいることで、その動画を撮影する上で最適な機材を使用して撮影していきますので、個人製作とでは完成度で違いが出てくるのです。

撮影が終わりましたら最後は編集です。ここは個人製作ではなかなか難しい部分で、例えば動画にコンピューター技術を用いてグラフィックを追加したり、オリジナルの動画より更に視覚的に企業PRができるように高い映像を用いたり、この部分は動画制作会社にしかできない強みと言えるでしょう。このような流れがあり、最終的に会社紹介動画が完成するという流れになりますが、この他にも細かい点を挙げればポイントはいくつもありますが、納得がいく動画を制作したいのであれば、自分達のイメージがいかに固まっているのかが一番大事ですので、そのイメージを伝えられるように事前に社内で話し合いなどを行い、イメージを固めておきましょう。

広告動画制作

動画制作を専門とする動画制作会社の仕事の依頼で多いのが、企業などの動画広告制作です。この動画広告制作とは、その企業の商品やサービスをユーザーやまだその商品などを知らない人達に知ってもらう為に制作し、知ってもらうという意図があります。動画広告制作はその企業のホームページに掲載して認知してもらうことはもちろんのこと、大きな企業で資金が潤沢にあるところであればテレビのCMにも流され、更に多くの方達に商品サービスを知ってもらうことはもちろんのこと、最終的には商品やサービスを知ってもらうことも含め、その企業の認知度と好感度を上げ、また別の商品の購入意欲をかき立てる広告になります。

広告動画制作を利用する場合、前述したように大きな企業であればCMなどにも利用されますが、中小企業や個人であれば広告動画をCMに利用することは難しいですので、ほとんどがインターネットを利用した広告動画になります。その場合、注意したい点が1点あります。広告動画の目的は商品やサービスを知ってもらうことになりますが、最終的には企業の認知度と好感度を上げ、また別の商品の購入意欲をかき立てるところにありますので、その為にはその商品やサービスを販売することを目的として広告動画を作るのではなく、その企業の技術アピールなど企業全体としてアピールできる点も含めて広告動画を制作してもらった方が良いので、広告動画を動画制作会社に依頼する際はこの点に注意して広告動画を制作するようにして下さい

動画制作会社とは?

ご自身でお店をされている方や会社を経営されている方など、日本全国で数多くの事業があるかと思いますが、今ではそれぞれの事業で自分のまた自社の事業をPRするためにさまざまな広報活動に取り組んでいるかと思います。その広報活動の一つに動画というツールがあります。今では、インターネットは必須のツールであり、そのインターネットを通じてホームページは当たり前の世界になってきており、その中でも動画はまだその事業を知らないユーザーからしてみれば、最もその事業が分かりやすく伝わるツールの一つです。それではその動画ですが、実際にはどのような形で制作し、自分達のホームページなどに掲載することができるのでしょうか?

一つの方法として、動画投稿サービスを運営している会社がありますので、そちらのサービスを利用して、動画を制作し、その動画をそのまま掲載してしまうという方法が挙げられます。しかし、実際に動画を制作するとなると撮影した動画をそのまま掲載するのではなく、その後ユーザーが見やすいように加工や編集を施し、ホームページに掲載するというような作業が必要になってきます。その為、素人では加工する為の知識や技術がなく、逆に自分達の事業の評価を下げてしまうことに繋がってきてしまいます。

しかし、前述しました通り、動画はユーザーに事業内容を伝える為には最善の広告ツールになりますので、作れるものなら作りたいというのが、その事業者の本心です。そのようなときに代行して、自分たちのPR動画を制作してくれるのが、動画制作を専門に取り扱う動画制作会社です。今では、インターネットがビジネスでは必要不可欠となってきていますので、同時に動画制作会社も日本には数多く存在しています。実際に制作した動画などを自社のホームページに掲載している動画制作会社もありますので、自分達のイメージと合っている動画を制作している会社や費用プランなども鑑みて、もし動画を制作するのであれば動画制作会社を利用するのも一つの方法と言えるでしょう。